MENU
採用情報環境にやさしいデジタル履歴書をご用意

沿革 HISTORY

成和産業株式会社 沿革 HISTORY
Scroll

沿革

1952年1月
電気絶縁材料・電線の販売と加工販売を目的に、「伊藤 正」の個人創業として東京都港区新橋に事務所を開設する。
1953年4月
資本金20万円の株式会社として設立登記をする。
1954年4月
防衛庁納入登録許可を受ける。
1954年6月
資本金200万円に増資する。
1958年2月
東京都中野区に加工工場を開設、主に電線の加工、及びバッテリースナップの製造販売を開始する。
1964年11月
宮城県丸森町に、工場を開設する、中野区の工場を移転し、各種電線の加工、ハトメ等のプレス加工、高周波溶着加工等を主な事業内容とする。
1965年4月
本社を品川区荏原の現在地に移転する。
1970年7月
自動ワイヤー・ストリップマシンの導入を開始し、ワイヤーハーネスの加工販売を本格化する。
1971年3月
丸森工場第一工場を増設する。
1973年3月
資本金1,000万円に増資する。
1976年12月
丸森工場第二工場を増設する。
1977年9月
電線の端子圧着加工を本格化する。
1980年5月
資本金2,000万円に増資する。
1982年2月
本社で、印刷物(主にラベルシール)の製造販売を開始する。
1984年5月
全自動両端端子圧着機の導入を開始する。
1984年10月
資本金3,500万円に増資する。
1985年11月
丸森工場の事務所棟を建設、落成する。
1986年11月
松下電器産業㈱オーディオ事業部無検査認定工場となる。
1989年8月
本社社屋を建替え、落成する。
1990年12月
資本金5,000万円に増資する。
1991年10月
丸森工場拡張工事(第一・第二工場及び資材棟)が完成する。
1995年10月
松下電器産業株式会社NewQIG認定工場となる。
1998年4月
環境対策品として製品の無鉛化に向け、(株)日本スペリア社製無鉛はんだの販売を開始する。
2001年9月
中国、上海市に「上海勢井和貿易有限公司」を独資で設立する、上海を拠点として、主に中国華東・華南地域への営業活動を開始する。
2004年6月
丸森工場がISO14001の認証を取得する。
2004年12月
中国、香港に「香港成和産業有限公司」を独資で設立する、同時に東莞市に同代表処を設置し、華南地域への活動を増強する。
2005年5月
成和産業、全社でISO14001の認証を取得する。
2014年4月
東神電工(株)及びTOSHIN TECHNOLOGY(THAILAND)CO.,LTD.とタイ現地における補助材販売について、日本スペックイン活動から商材供給、現地販売(含む保税販売)について業務提携を開始。
2017年6月
上海勢井和貿易東莞分公司設立